上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文章というのは、書く作業より

削る作業の方が頭を使う。

はずなのに、字数が多いという理由で
卒論を書かなかった元・駄目大学生です。



閑話休題。





南3局で50000点あったの点棒が

いかに削られていったかを少し書こう。

(っていうか前回の日記見れば明白w
 打ってる思考がやばいw)



南3局、1本場で4000オールを顔薄につもられ
さらに ゼンツ→顔薄に12000横移動で
あっという間にまくられる。


オソスが300・500をあがって親をたぐりよせる。



南4局 ドラ南

点棒状況(計算あわなくても気にしない、イメージが大切だ)



親 オソス・16000くらい
南 ゼンツ・2000点くらい
西 ・34000くらい
北 顔薄・48000くらい




むむむ。

3000・6000ツモか、8000直撃が必要だ。


そこでこの手↓

五六七5667(135799)


おおおおおおお



いけそうだ




しかああああし!!!!!


8巡目にまさかの顔薄リーチwwwww




いや、むしろ、キターーーー!!!



デバサイ見える

俄然やる気出る。



場にピンズは安い。
とくに(2)は顔薄の現物。

手の入らない様子のオソスがオリ始める


いやー
がんばって(2)か(6)引けー!
どっちでもいいいいいいいいい

と祈るうちに


顔薄が3枚目の(2)をツモ切り。

(ちくしょう、一発で出上がりたいのに)





あと一枚・・・。


あるのか?ないのか?

どうしよう・・・。



むしろ三色消える可能性の高いソーズの伸びにかけるしかないのか

でももう中盤・・・。
間に合うか・・・。



考えた結果、(3)と6の伸びにかけて打(1)。





顔薄「ロン」





ぶひょwww



手牌をあけると


(1234567)234七八九


うおおおおおお。




(2)そこにいたか



「1300なり~」




ハイ、おしまい



ちゃんちゃん




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://darinhapurojanshi.blog42.fc2.com/tb.php/16-a97a6a3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。