上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 僕から6歩先に老人が座っている。
 歩きながら、店内を見回した。
 新しいものではないが、味のある、持ち主が大事に使っていただろうタンス。綺麗に磨かれた木製のフレームのついた鏡。一番目に付くのは、広い壁を占領している絵画。50×80センチ程度の大きな絵だ。誰が描いたものがろうか? 草原の中に麦藁帽子をかぶった後ろ姿の少女と犬、そして大木が並んでいる。どこかでこんなCMを見たことがあるな、というのが印象だった。
 ギシ、ギシ、と床板が鳴る。ゆっくり近づいて、僕は老人に話しかけた。
「すみません、あなたがオーナーですか?」
 老人は答えない。
 入り口に45度の角度で向き合っていた身体はそのままに、首だけを僕にむける。その瞳はとても大きく、薄いグレーががっている。
 大きく見えたのは、何かを訴えるかのように見開いていたからかもしれない。近づくな、例えばそんな親切心から。
「すみません、どなたらいらっしゃいませんか?」僕は空間に向かって声を上げる。
 すると、老人の足元にいた犬が、僕の足に鼻をよせた。こすり付けるしぐさ。犬が口を開く。「わん」

 その瞬間、僕の周りの世界は暗闇に吸い込まれるように回り始めた。あわ立てた生クリームにチョコレートソースが渦を巻いて吸い込まれていく姿を想像した。
 気が付くと、僕は地上30センチの世界にいた。
 遠くの窓に姿が映らない。大きな違和感をかかえ、鏡を探す。老人はまだ動かない。
 鏡の向こうには白と黒のまだら模様のベーグル犬が不安そうな顔で映っている。
 何かをしゃべろうとして、声が「ハゥ、ハウ」と漏れる。
 ガタン。
 音がした方を振り向くと、やたら大きな男が店から出て行こうとするところだった。
 僕はその顔に見覚えがある。急いで走りよる。
「私は、7年待った。君は早く人間に戻れるといいわね」男は出て行った。いや、男の形をした女だったのかもしれない。麦藁帽子の少女が、ちらりと頭をかすめた。
 壁に飾られた絵を見ると、少女の姿が消えている。代わりに映っていたのは前髪が風に揺れている青年と、無力な犬。その顔は…。
 もしかしたら、老人の中に入っているのは犬の魂なのかもしれない。これは想像でしかないけれど。だとすれば、老人の魂はどこに? 

 僕は考える。
 これは非常にラッキーな事態だ。
 おそらく僕に乗り移ったであろう女の不運を想像し、すこし胸が痛んだ。
 そう、現実の僕は大学の成績も悪く留年を繰り返し、除籍も目の前の劣等生だ。それからパチンコで借金を抱えている。学生で借りれる額はたかがしれているけど、そのせいで友達からお金を借りまくりもう僕に近寄ってくるまともな人間はいない。
 そしてもっとも重大な問題は、僕の家には死体があるということだ。ケンカしてわずらわしくなった僕の彼女をつい昨日、殴り殺してしまったのだ。これは予想外だった。
 女は容易に僕の住所を見つけ出し、僕としての人生を歩むつもりだろう。しかし、風呂場に隠してある死体を見つけて、なんと思うだろう。

 予想外か・・・。
 まさか身体をのっとられるなんて。これ以上の予想外はなかなか無いな。
 僕は軽く笑ったが、それは声にはならなかった。
 さて、どんな方法でこの目立たない店に人間を誘いこもうか。
 平和で幸せな人生を送っている人間に足を止めてもらえるような張り紙でも作ろうと、僕はゆっくり考え始めた。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://darinhapurojanshi.blog42.fc2.com/tb.php/470-0cf47327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。