上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る



かなーり売れてる(?)ので、
どの本屋にいっても平積みされているこの本。

ついに読んでしまいました・・・。

感想↓↓↓
(ネタバレなし)







こえええええええええええええええええ


恐すぎてチビりそうwwwwwww
お風呂に入りながら読んだらマジお腹壊した。
恐怖で。

この作者のメンタルが心配だwwwww
乙一くんの匂いがするwwww

ストーリー

「夏休みに友達の自殺現場を目撃してしまった小学4年のミチオ。
 衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。
 一週間後、彼はあるものに姿をかえて現れた。
 僕の死体をさがしてほしい・・・。
 ミチオは、妹のミカと共に事件を追い始める」


って感じの、少年探偵団系のイントロダクション。

それ、



罠です。





序盤から恐すぎて涙目。
中盤グロが入ってさらに涙目。
後半もう、恐くてトイレにいけない。

ミステリってか、完全にホラーサスペンスです。

読み終わって思うことは、
この文庫の表紙とかも、
実は意味深じゃね? とか。

相方(大人)には見せたいけど
子供には見せたくない本、って感じでした。
子供が読んだらトラウマになるwww
自分、こんなん小学生で読んだらマジお風呂入れなくなる。
(※物語とお風呂は無関係です)


あー、恐かった。
でもちょっと気持ちいいかも。
あ、リバースした後の気持ちよさ、みたいな?
(それ、気持ち悪いじゃん、みたいな)




結果

ナゾトキ度 ★★★☆☆
乙一度   ★★★★☆
脳内度   ★★★★★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://darinhapurojanshi.blog42.fc2.com/tb.php/486-53ae4079
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。