上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)
(2008/08/25)
恩田 陸

商品詳細を見る


恩田陸、初挑戦作品。

恩田陸って、ミステリ作家なのか?
夜のピクニックとか、ミステリなのか?
読むべきか?

なんか推理大賞を受賞してるので読んでみました。

【感想】

とある事件(つっても大事件)について、
関係者にインタビューし、その答えが物語を進めている。
ちょうど「藪の中/芥川龍之介」を読んだばかりだったので、
デジャブ。

どんなインタビューをしたのかは一切書かれず、
インタビュアーも出てこない。
何に対してそう答えたのか、読者に想像させる構成。

読後感は「ふわ~~~」って感じ。
具体的な情景描写はなく、
人の記憶をたどっているだけなので、
もやもやとしているんだけど、
頭の中にはしっかりと事件現場がイメージされる。

「なんだ? この作家」
というもやもやをはっきりさせたいが為に、
他の作品を読まなければならない気にさせる、
そういう意味では商業的に大成功な作品ww

結論。

よくわからない。





これも角田光代並に、
かたっぱしから読んでみるしかないのか。


【評価】
意外な結末度     ★☆☆☆☆
表紙の花にびっくり度 ★★★★☆(要注意)
登場人物美人度    ★★★★★

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://darinhapurojanshi.blog42.fc2.com/tb.php/488-04dcddf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。