上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通勤電車でマイケル・ジャクソンに会った。





なんのこっちゃない、








マイケル似の青年








である。










初めて出会ったのは帰りの乗り換えの駅だった。

やたら目立つ人がいる。




ショッキングピンクのジャージ
髪は全体がソバージュパーマ
腰まである髪をひとつに束ねてる
やたら鼻の高い、男。




私はマイケルといったらジョーダンなので
そっくり! とは自信を持って言えるほどマイケルの顔はわからない。
しかし思った。





彼は、マイケルの魂を持っている、と。







そんなアナーキーな格好をした、
推定25歳くらいの日本男児が
東京の地下鉄で律儀に列に並んでいた。

もっとこう、

ギターにまたがって頭をふりながら叫んで歩いていそうな、
そんな青年がである。



青年と同じ車両に乗り込んだ私はしばらくクギヅケになり、
彼の様子を伺った。

音楽など聞いていないのに身体を揺らしたり、
ステップを踏み始めたり、
他人にケンカを売ったりと

期待していたことは何一つ起きないまま、私は彼を残し電車を降りた…。

もう会えないかもしれないかと思うと、少し残念だった。

さらば、ショッキングピンクの青年よ…。


東京にはいろんな人がいるなあ…。




そう感慨にふけた翌日、





また会ったw




しかも朝の9時30分。



ロッカーが、こんな時間に起きてるハズがない!




その時の私の驚きと言ったら
まさに目ん玉が飛び出んばかりだった。



なるほど彼は、武道館や東京ドームなどの帰り道だからあんなキテレツな格好をしていたのではない、


私服なのだ


と一瞬で合点がいった。

そしてもうひとつ分かったことがある。







それは…











彼が私と同じ、


10時ー18時 勤務


に違いないということだった。




あんな格好をして(次の日も髪は長く、結ばれていた)

規則正しい生活をしているのだ。









私は考える。


デスクに座って電話をとるショッキングピンクの男を。




私は考える。

コンビニのレジをしながら、ロックな魂を押し沈めるショッキングピンクの男を。



なるほど個性とは、こうして隠しきれず表面化してしまうものなのだなと。




そして、初めての出会いから1年近くたった今日。


何一つ変わらないショッキングピンクの男が
駅のホームに立っているのを目撃し、
なぜかほっとしたのである。




よかった、彼は

マイケルの魂を失ってはいない、

都会の荒波に立ち向かって生きているのだ


と。
ただいま入浴中で~す。

1時間半くらい入っているので
だいぶお湯が冷めてきましたwww

なんか
家にいる時間の大部分を
お風呂で過ごす、という状況を考えると

「弘海~息子が海に還る日~/市川拓司」

という本を思い出します。


この本はファンタジーで

「ある日突然、謎の難病が発症した子供の親」 の物語です。

その病気というのが

水中でしか健康でいられなくなる

という、まさに謎の病気で、
普通に家とか学校とかで生活してると
身体が痒くなったり
呼吸が苦しくなったり
微熱が続いたり
自律神経失調症みたいな
目に見えにくいけど辛い症状がずーっと続くという、
子供にはしんどすぎる病気なのです。

そんな状態なのにお風呂に入ると、
嘘みたいにピタッと苦しいのが治る。
プールに入ってると誰よりも早く泳げて一見元気いっぱい。

水に入ってるほうが楽なので自然と


学校から帰宅 (ぜーぜーしながら疲労困憊)

一目散にお風呂

5時間入り続けてる


とかそんな生活になるのです。

これはそんな息子を支える親の物語で
息子に何が起きてるのか、
どの病院でも原因はわからず、
誰に聞いても答えはでない。
愛情いっぱいに育ててる最中(まだ小学生くらい)だけど
この先、息子が無事に生き続けられるのか不安しかない、
という苦しく悲しいお話。

しかし家族愛が最強で
、もう涙は2リットル垂れ流しという感じです。
市川拓司の作品で1位が「いま会い」だとしたら
かなりの僅差で2位につける感涙ストーリーであることは
間違いありません!


お風呂にプカプカ浮かびながらこんな事を考えてる私。
前世は海の生き物(海苔とか。好きだし)だったのでしょうか?
旅行したいところがいっぱいあるので、
整理したいと思います。
(ダーリンへのアピールとも言う)


【国内】
長崎・・・ハウステンボスに行きたい! 遅くても10月までには。

仙台・・・今年こそ、岩隈をKスタで応援したい! 7月くらい。



【国外】
フランス・・・日が長いうちに。9月とか?

グアム・・・来年の春?


これに定期的な東北旅行が加わるので、
結構盛りだくさんです。


あー、長崎いってみたい!
また本買いすぎました。
本棚のキャパが限界なので、
泣く泣く入れ替えをしました。

【森博嗣】
魔的 (中公文庫)
イナイ×イナイ (講談社ノベルス)
キラレ×キラレ (講談社ノベルス)


【道尾秀介】
ソロモンの犬 (文春文庫)
片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫 み 40-2)

【新書】
できる人の「営業力」72の奥義 /井崎勝司(小学館101新書)
目立つ力/勝間和代(小学館101新書 49)


「小さな恋のものがたり」(全41巻)を買ってしまいそうで怖いです。


以上!
家に工事が入るということで、

すっごい久しぶりに部屋掃除をしましたwww

なんていうか、

部屋掃除、最強


ただでさえ狭く、
面倒くさがりの2人の巣なので
非常にアレな我が家ですが、
やればできる(涙)


この綺麗な状態をキープして、
無事に引っ越しできればいいんですけど…。

いやー、
部屋が綺麗だとコーヒーもうまいわぁ。

つうことで、
今日は寒いですが、洗濯機回してます。

ちょっと寒すぎてベランダに出たくありません…
我が家に火災警報器が取り付けられました。

ダーリンいわく、4月1日から全家屋に設置が義務付けられるとのこと。

うむー。

これで、お風呂の扉を全開にして
部屋中にゆげをもくもくさせるという
高尚な遊びができなくなるのだな・・・


これも時代か。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。